第三者の視点

交通事故の被害状況は、きちんと調査しないとわかりません。被害者側の情報収集が遅れたせいで、こちらにとって不利な情報が増えてしまうこともあるので、調査は可能な限り早めに行う必要があります。このとき当事者だけで情報を集めようとすると、基本的な知識が無いばかりに、大事な情報を見逃してしまったり、その後のトラブルを防ぐことが出来ないことも多いので、そうならないよう、第三者の視点を通して、事故の被害を正確に調べましょう。

交通事故の被害については、弁護士に相談して調べていきましょう。弁護士のような法律に詳しい第三者の協力を受けることが出来れば、より正確な情報を集められます。交通事故の被害は、当事者も気づいていないところで現れることも多く、後から症状が出るむち打ち症やぎっくり腰といった怪我も、相手側が提示した時点で、追加の治療費などは行えなくなるので、第三者の視点を通して、より詳しい情報を集めましょう。

弁護士に相談することが出来れば、交通事故に関する情報をより正確に把握できます。例えば車などの財産が失われる被害なら目に見えてわかる被害も、故障している箇所を細かく調査して、どれだけの修理費用などがかかるかを調べます。怪我についても、しばらくは示談を避けて、症状がどれだけ出るか治療を続けながら確認すると良いでしょう。

Pocket

正確な情報を

どこに行っても車が行きかう現在の日本では、交通事故は毎日のように起きるトラブルといわれています。事故の規模も様々で、その場で解決するようなちょっとした事故もあれば、被害者が死亡する大事故が起きることも少なくありません。もし自分が交通事故に遭い、大きな怪我を負ったり、手元の財産を失ってしまった場合、被害額に見合う慰謝料を得る準備を始めましょう。自分が遭った被害をきちんと確認することで、より確実に被害額を補填できるようになります。

交通事故による被害を補填するには、正確な情報を集めることが何より大切です。交通事故に遭った直後は、何が起きたか正確に把握しきれず、治療やその場の対応に追われることが多いので、すぐに正確な被害を把握するのは困難でしょう。そのため正確な被害を把握するためには、専門家のサポートが必要不可欠です。交通事故トラブルの解決実績がある弁護士に相談すれば、事故現場などを確認してどの程度の被害が出たのかを確認してくれますし、示談交渉や裁判などを通してどの程度の慰謝料が受け取れるかも達成してくれます。

交通事故の被害に関する情報は、時間とともに失われていきます。例えば怪我をした場合も、事故を起こしてからしばらく経ってから痛みが現れた場合、事故による因果関係を調べることが出来ず、慰謝料を受け取れないというケースもあるので、事故を起こしてからなるべく早く弁護士に相談して、病院の検査を受けるなどの下準備もこなしつつ、これからの生活のために必要となる慰謝料請求を目指しましょう。

Pocket

交通事故の被害

交通事故に遭ってしまった際、どの程度の被害にあったかで、今後どう動くべきかが変わって来ます。例えば大怪我を負ってしまったり、車などの財産が大きく損傷した場合、慰謝料を請求するために裁判を起こしたり、示談交渉を行ったりする必要がありますが、そのためにはどんな被害があったのか正確に調べる必要があります。事故を起こした直後は被害に気づけないことも多く、被害を把握できたころには、相手側が出した条件で示談を受け入れた後だったというケースもあるので、必ず弁護士に相談して、被害を正確に調べるようにしましょう。

交通事故の被害は事故を起こした直後はわからないことが多いです。例えば怪我を負っていたにもかかわらず、事故に遭った興奮で痛みに気づくことが出来ず、数日経ってから怪我に気づいたというケースもあるくらいで、想像以上に事故を起こした直後は、何が起きたのか正確に把握できないといいます。さらに事故を起こしてからしばらく動けないなど、情報を集めようがない状況に陥る可能性もあるので、その場合は弁護士への依頼を早めに済ませる必要があります。

事故の加害者側は、慰謝料の支払いを行うことになりますが、大抵は保険会社に相談してから示談交渉や裁判の準備を進めます。保険会社は少しでも損失を減らすために必要最低限の慰謝料で示談を行おうとしますが、このとき提示される額は、現時点でわかる被害にあわせた必要最低限の額で、後から被害が確認された場合、被害額を補填できない可能性があります。そのためすぐには示談には応じず、弁護士に相談した上で、正確な被害とこれからの生活を考慮した示談交渉を行わなければなりません。

Pocket